トップページ > 各課からのお知らせ > 市民生活部 > 市民課 > 国民健康保険 > 令和3年度 国民健康保険 人間ドック・脳MRI検査を実施します

令和3年度 国民健康保険 人間ドック・脳MRI検査を実施します

令和3年度 国民健康保険 人間ドックと脳MRI検査を実施します

コロナウイルス感染症予防のため、申し込み方法を変更します。
下記申し込み方法をご確認の上、お申し込みください。

注意事項
・体調不良時の受診はお控えください。
・当日、検温を行い、マスク着用と手指の消毒にご協力ください。



◆実施期間:令和3年8月2日(月)~令和4年1月31日(月)

◆受付期間:令和3年7月26日(月)~11月30日(火)
 ※定員になり次第締め切ります。

◆対象:昭和57年3月31日までに生まれた、40歳から74歳までの国民健康保険加入者

 ※受診当日に国民健康保険加入者でない人は受診できません

 ※令和2年度以前に賦課された国民健康保険税を滞納している世帯は除きます。
   国民健康保険が実施する特定健診や、市が実施する各種がん検診の受診をおすすめします。


<8月の人間ドックを受診する人に限り、早期に申し込みを受け付けします>
◆受付期間
令和3年7月7日(水)~7月16日(金)

◆申し込み方法
市民課保険年金係に電話で申し込んでください。



人間ドック

<定員>
500人
※人間ドック受診者は市が実施する特定健診、胃がん、大腸がん、肺がん検診は受診できません。(ドックに含まれています)
※妊娠中の人、入院中の人は受診できません。

<実施医療機関>
医療機関名 住 所 電話番号
済生会境港総合病院(健診センター) 米川町44   42-3164
池淵医院 栄町88   42-2031
市場医院 馬場崎町177   44-5551
遠藤医院 上道町914-1   42-2660
小林外科内科医院 明治町170   42-2872
つちえ内科・小児科クリニック 相生町114   42-3031
つのだ内科・循環器内科クリニック 外江町2275-1 21-1080
松野医院 京町35   42-2298
村上内科クリニック 上道町3052-1   42-1100

<内容>
検査項目 内 容
問診 主な病歴と治療に係る薬剤服用の有無、自覚症状及び他覚症状、喫煙習慣等について聴取する。また、詳細な生活習慣行動について把握するために、人間ドック問診票を使用する。
身体計測 身長・体重・肥満度(BMI)・腹囲・診察
循環器検査 血圧・心電図・中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・場合によってNon-HDLコレステロール
糖代謝 尿糖・空腹時血糖・ヘモグロビンA1C・やむを得ない場合は随時血糖
腫瘍マーカー CA19-9・PA(男性のみ)・CA-125(女性のみ)
腎臓系 尿タンパク・尿潜血・尿沈渣・クレアチニン・e-GFR・尿酸・カリウム
肝臓・胆道・膵臓系 総ビリルビン・AST・ALT・ALP・LDH・γーGT・CRP・血清アミラーゼ・アルブミン・総タンパク・A/G比
血液検査 白血球数・赤血球数・血色素数・ヘマトクリット・血小板数
腹部超音波 胆のう・肝臓・膵臓・腎臓
眼科検査 視力検査・眼圧検査・眼底検査
大腸がん検診 便潜血検査(2日法)
胃がん検診 胃X線検査または胃内視鏡検査
肺がん検診 肺X線検査・必要な人のみ喀痰検査

※本人の希望で一部の検査をやめることはできません。

<負担金>
8,300円(住民税非課税世帯の人は4,100円)

脳MRI検査

<定員>
200人

<実施医療機関>
済生会境港総合病院

<内容>
頭部MRI撮影、頭部MRA撮影、問診、身長、体重・血圧測定

<負担金>
6,300円(住民税非課税世帯の人は2,100円)

受診までの流れ

1)市民課保険年金係に電話で申し込む(まずは、お電話ください)

2)市から郵送で「人間ドック・脳MRI検査受診票」等が届く

)「人間ドック・脳MRI検査受診票」が届いたら、各自希望する医療機関に電話予約


4)医療機関窓口で手続き

5)医療機関で予約当日に受診し、料金を払う

6)人間ドックについては受診の翌月を目安に、市から本人あてに結果通知を郵送する
 (月の後半に受診した場合には、結果通知が翌々月になる場合があります)
  脳MRI検査の結果通知は病院から直接郵送します。


受診する皆さんへのお願い

◆受診できなくなったときには、必ず連絡をしてください
 定員のある事業です。
 予約日に受診できなくなったときには、すみやかに医療機関に連絡し、日程の変更ができるかどうか相談してくださ
 い。
 受診そのものができなくなったときには、市民課保険年金係に受診票を返却してください。
 連絡なく受診をされなかった場合には、来年度以降の申し込みをお断りすることがあります。

◆精密検査は必ず受けましょう
 健診は異常を早期に発見して対処するための手段です。
 せっかくの検査結果も、詳しい検査をせずに放置すれば何の役にも立ちません。
 結果通知にはよく目を通して、精密検査や医師への相談が必要なものについては必ず検査を受けに行ってください。
 また、後日保健師や看護師が受診状況や精密検査の結果などをお伺いする電話や家庭訪問などを行うことがあります。

◆結果は皆さんの健康を守る活動に使います
 ドックや検査の結果は医療機関から市に報告されます。
 この結果は個人が特定できないようにして、健康状態の統計などに活用します。
 また、皆さんの健康な生活を支援するために、健診結果に基づいて、保健師や看護師が家庭訪問や保健指導などを行う
 ことがあります。

問い合わせ先

市民課保険年金係
電話:7・8月:0859ー47ー1021(人間ドック専用)
   9月以降:     47ー1036