熱中症に要注意!

最高気温が30℃を超える日も多く、熱中症リスクは続いています。

対策を十分にとり、熱中症にならないよう気を付けましょう!

また、冷房の効いた施設も上手に利用しましょう。
 ◇各地区公民館
 ◇市民交流センター(みなとテラス)など


熱中症とは?

熱中症
熱中症とは、高温の中で過ごすことにより、体の中の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かないなどして発症する障害の総称です。

また、熱中症は昼間の暑い屋外で発症すると思われがちですが、屋内にいる時や夜間にも発症することがあります。
重症になると命にもかかわる病気なので、注意しなければなりません。

熱中症を防ぐには?

熱中症にならないため、次のことに気を付けながらお過ごしください。

1.室内を涼しくする!
熱中症は室内でも発生します。エアコンを上手に使い、室温を適度に下げましょう。

2.こまめに水分をとる!
暑い日は、活発に動いていなくても知らずに汗をかいています。
のどが渇いていなくても、こまめに水分をとりましょう。

3.こまめに休憩をとる!
暑さや日差しにさらされる環境で活動するときは、こまめに休憩を取り、無理をしないようにしましょう。

4.適宜マスクを外す!
屋外で周りの人と十分な距離がとれるときは、マスクを適宜外しましょう。
マスク着用時は、負荷のかかる作業や運動を避けましょう。

5.日差しを避ける!
帽子をかぶったり、日傘をさしたりして直射日光を避けましょう。
また、なるべく日陰を選んで歩いたり、日陰で活動したりするようにしましょう。

6.家族や地域で声をかけあう!
家族や周囲の大人が、高齢の方や小さなお子さんへ積極的に声をかけるなどして、みんなで熱中症を防ぎましょう。

7.天気予報や熱中症警報に気を付ける!
天気予報や鳥取県が発令する熱中症警報などの情報を活用し、十分な対策をとりましょう。
〔参考〕環境省 熱中症予防情報サイト(熱中症のかかりやすさを「暑さ指数」として示しています。)


熱中症かな?と思ったときの対処方法など

鳥取県ホームページ(外部リンク)では、熱中症の症状や対処方法などが詳しく説明されています。

ご自身や周りの方で熱中症が疑われたとき、速やかに対処できるよう一読いただくことをお勧めします。

お問合せ先

境港市健康推進課
TEL 0859-47-1042