トップページ > 各課からのお知らせ > 福祉保健部 > 健康推進課 > 新型コロナウイルス関連について > 【新型コロナウイルス】県西部地区に「鳥取県版新型コロナ特別警報」発令!

【新型コロナウイルス】県西部地区に「鳥取県版新型コロナ特別警報」発令!

注意喚起
鳥取県西部地区では、7月14日~7月19日の6日間で78人の新型コロナウイルス感染者が確認されました。
西部地区でみると、確保病棟の稼働率が50%を超えるなど、「ステージ3相当」まで達しています。

ご自身、大切な人、地域を守るため、感染予防対策の徹底をお願いします。

  • 不要不急な外出は控え、業務・懇親・会食をはじめ、人と人との接触機会を減らしてください。
  • 特に県外の人との会食は控えてください。
  • 県外からお越しの方は、来県後2週間は会食を控えてください。
  • 多くの人が集まるイベント中止をご検討ください。(実施される場合は、ガイドラインを遵守し感染予防対策の徹底をお願いします。)

デルタ株に注意

  • 全国各地でデルタ株の感染が拡大しています。県内でもデルタ株疑いの感染例も多数確認されていますので、厳重に警戒してください。
  • デルタ株の症状は、かぜに似ています。症状があれば、ただの風邪と思わず、まずは「受診相談センター」までご連絡ください。

連絡
【聴覚や発話の障がい等により音声通話が困難な方】
  専用の相談フォームでご相談ください。


感染予防対策

〇こまめで入念な手洗い

〇マスクの徹底
  • 顔とマスクが離れないようにフィットさせる。(屋外で人と十分な距離(2m以上)を確保できる場合はマスクを外す)
  • 感染防止の高い不織布マスクの使用(特に感染リスクの高い場面)
  • 会話は短時間で、大声は避ける。
  • 市民の多くがワクチン接種を終えるまではワクチン接種後もマスクの着用。

〇密の回避と換気の徹底

〇家庭内での感染対策
  • 冷房を使用している際も定期的な換気
  • タオルや歯磨き粉などの共用を避ける
  • 共用部分(ドアノブ、手すり、スイッチ)の消毒
  • 大皿を避け、個食の徹底

〇やむを得ず感染拡大地域から帰省されたご家族と過ごすときの感染予防
  • 家庭内での感染予防が難しい場合は、宿泊施設を利用
  • 帰省後2週間は会食など飛沫が飛んで感染のおそれが高い接触を避ける

〇職場での感染対策
  • テレワークやオンライン会議など人と人の接触を減らす働き方の工夫をお願いします。
  (在宅勤務や、時差出勤、交代勤務の促進、会議や、イベント、採用試験や面接のオンライン実施)
  • 感染防止策の徹底
  (従業員の体調管理、従業員同士の距離の確保、マスクの着用、定期的な換気、こまめな手洗い・消毒など)

〇緊急事態宣言発令地域との往来は可能な限り控え、まん延防止等重点措置地域(大阪・神奈川県・千葉県・埼玉県)との不要不急の往来は慎重にご判断ください。
※やむを得ず、県外との往来や、県外の方と一緒になるときは、必ずマスクを着用し、会食など飛沫感染の機会は避けてください。

〇熱中症に注意しましょう
  • エアコンで室内の温度を調整し、エアコン使用中もこまめな換気!!

〇最大級の予防レベルで!
  • 変異ウイルスは感染力が高く、「二密」や「一接」でも感染るので、「三密」にならないからと言って安心せず、感染予防に努めてください。

〇飲食時の注意事項
  • 会食は、感染対策が講じられた「新型コロナ対策認証事業所」などを利用し、少人数、マスク飲食を徹底しましょう。
  • 飲食の場では、大声を出さず、会話時は短時間でも必ずマスクを着用しましょう。

外国人がいこくじん皆様みなさまへの感染かんせん予防よぼうお願いおねがいここを おす

〇倦怠感や喉の違和感、発熱、味覚・嗅覚など少しでも違和感を自覚した場合は外出せずに、かかりつけ医に相談しましょう。
  • 相談先に困る場合は「受診相談センター」にご相談ください。

連絡

【聴覚や発話の障がい等により音声通話が困難な方】
  専用の相談フォームでご相談ください。



お問合せ先

境港市福祉保健部 健康推進課
 TEL 0859-47-1040
 FAX 0859-47-1112