トップページ > 各課からのお知らせ > 福祉保健部 > 健康推進課 > 浸水被害発生時の消毒方法について

浸水被害発生時の消毒方法について

台風や局地的な豪雨などにより、道路が冠水して家屋が浸水してしまうことがあります。そのまま放置すると細菌やカビが繁殖し、感染症の原因になることがあります。

浸水被害にあったときは、洗浄やふき取りにより汚れを除去し、十分に乾かした後、消毒するようにしましょう。(消毒は、汚れを落とし、乾いた状態でないと十分な効果を得ることができません。)


清掃・消毒前の準備

  1. ほこりから目や口を保護するため、ゴーグル・マスクを着用しましょう。
  2. 清掃中のけが予防のため、手袋や底の厚い靴などを着用しましょう。
  3. ドアや窓はあけて、しっかり換気しながら作業をしましょう。
  4. 消毒するときは、ゴム手袋、長靴、ゴーグル等を着用して作業しましょう。


洗浄・消毒方法

  1. 汚泥などを水道水で洗い流すか、これが難しければ、雑巾などで水拭きし取り除いてください。
  2. 洗浄した場所をしっかりと乾かしてください。
  3. 次の方法により、消毒してください。使用できる消毒薬は、対象により異なります。また、消毒薬は使用方法を誤ると健康を害するものもありますので、使用上の注意事項を確認してから使用してください。
  • 汚染の程度がひどい場合、長時間にわたり浸水していた場合は、できるだけ次亜塩素酸ナトリウムを使用する。
  • 対象物が、色あせ、腐食などにより次亜塩素酸ナトリウムが使用できない場合は、アルコール、塩化ベンザルコニウムを使用する。
  • 屋外の消毒は、原則不要です。


対象と使い方

関連ページ


お問合せ先

境港市福祉保健部 健康推進課
 TEL 0859-47-1040
 FAX 0859-47-1112