トップページ > 各課からのお知らせ > 教育委員会 > 生涯学習課 > 境港市民交流センターの緞帳デザインが決まりました

境港市民交流センターの緞帳デザインが決まりました

 境港市民交流センターのホールに設置する緞帳のデザインについて審査会を開催し、各社から提案のあったデザインの中から最優秀作品(1点)を選定しました。今後、最優秀作品のデザインをもとに緞帳の製作を進めていく予定です。
 なお、緞帳のデザインには、本市や境港市民交流センターの特徴のほか、本市出身の水木しげる先生が生前、本市のために書き下ろしたオリジナルのデザインを盛り込んでいます。

最優秀作品及び提案者

緞帳デザイン
最優秀作品 「潮騒がきこえる」
提 案 者 (株)スミノエ

最優秀作品のデザインの特徴

・境港市の豊かな自然を表現している。
・ホールの内装と調和するとともに、大人から子どもまで親しめる色彩にしている。
・さまざまなサイズの魚を描くことによって「ふれあい」「多様性」を表現しており、魚には遠近感をつけることにより緞帳全体に躍動感を持たせている。背景には妖怪が通り過ぎるような流れるラインを入れているほか、様々な演目に対応できるよう、鬼太郎達以外はシルエットで表現している。

最優秀作品に対する審査委員の主な意見

・色調が明るく、ホールの内装(木目調)とも調和している。
・魚のデザインには躍動感があり、観客に元気を与えてくれる。
・緞帳の特徴を把握しているだけでなく、水木氏や境港市に対するリスペクトが感じられる。

緞帳の仕様

制作寸法 横幅19.8m×高さ10.5m(プロセニアム寸法:横幅18m×高さ9m)
加工方法 西陣綴織

審査会の実施状況

(1)開催日 令和3年6月24日(木)
(2)会 場 境港市役所第1会議室
(3)審査委員(敬称略)
   綾木いづみ(日本画家)・景山美帆(境港親と子どもの劇場代表)
   田中勲(鳥取県立県民文化会館技術管理部施設運営室室長)
   浜本まち子(境港音楽友の会「響」代表・松本敏浩(境港市教育長) 計5名
(4)審査作品数 計12点(4社×3点)

問い合わせ先

生涯学習課文化体育係
TEL:0859-47-1093