境港市津波・洪水ハザードマップを更新しました。(令和3年3月)

境港市津波・洪水ハザードマップを更新しました。

 基準水位(津波が建物等に衝突したせき上げ高)やAED設置の指定緊急避難場所等の新たな情報を追加し、境港市津波・洪水ハザードマップを更新しました。

※あくまでも想定ですので、無色の地域でも浸水したり、着色のある地域でも想定以上の浸水深になる場合がありえます

市役所自治防災課、各地区公民館において配架しています。
市役所自治防災課、各地区公民館において配架しています。
境港市津波・洪水ハザードマップ[pdf:3MB]

津波浸水想定

 「津波浸水想定」は、鳥取県地震防災調査研究委員会の津波想定部会において、示されたものであり、津波防災地域づくりに関する法律に基づいて設定されたものです。
 「津波浸水想定」は、最大クラスの津波が悪条件下において発生した場合における浸水域と浸水深を想定したもので、避難を中心とした津波防災対策を進めるためのものであり、津波による災害や被害の発生範囲を決定するものではありません。


津波災害警戒区域(イエローゾーン)

 最大クラスの津波が発生した場合に、住民などの生命・身体に危害が生ずるおそれがある区域として都道府県知事が指定するもの。合わせて、津波の建築物等への衝突によるせき上げ高を考慮した「基準水位」も公表しています。

※境港市は、「津波浸水想定区域(着色のある地域)」=「津波災害警戒区域(イエローゾーン)」に指定されています。


基準水位

 基準水位は、津波浸水想定の浸水深に津波が建物等に衝突した際のせき上げ高を加えた水位です。


津波想定の概要

津波断層モデル 佐渡島北方沖断層 鳥取沖西部+東部沖断層
(F55断層)
30cm海面変動
到達時間
112分 21分
最大津波到達時間 183分 43分
最大津波高 3.7m 2.4m
モーメントマグニチュード 8.16Mw 7.48Mw


津波警報等が発表されたら(たかく、はやく)

◆強い揺れや長時間の揺れを感じたときや津波注意報等が発表されたときは、直ちに海岸から離れてください。
◆大津波・津波警報が発表されたときは、津波避難ビルなどの安全な場所に避難してください。
◆津波は繰り返しやってきます。津波警報などが解除されるまで、避難等を継続してください。
◆正しい情報を入手してください。(防災行政無線放送、テレビ、ラジオ、ホームページなど)
◆津波警報(大津波・津波)は、全国瞬時警報システム(Jアラート)から防災行政無線で自動放送されます。

  (例)大津波警報の場合
   1.サイレン「3秒鳴って2秒休止」を3回繰り返す
   2.放送「大津波警報、大津波警報。ただちに。高台に避難してください。」
   ※1、2をセットで3回繰り返し放送します。


洪水浸水想定

作成主体 国土交通省 中国地方整備局 出雲河川事務所
指定年月日 令和2年6月17日
対象となる水位周知河川 斐伊川水系(境水道・中海)
算出の前提となる降雨 中海・宍道湖流域の48時間総雨量505mm

 「洪水浸水想定」は、国土交通省中国地方整備局出雲河川事務所が斐伊川水系斐伊川の水位周知区間(境水道・中海)について、水防法の規定により指定された想定し得る最大規模の降雨による洪水浸水想定区域、浸水した場合に想定される水深を表示したものです。
 この「洪水浸水想定図」は、指定時点の斐伊川・神戸川・境水道・中海・大橋川・宍道湖の河川及び洪水調整施設の整備状況を勘案して、想定し得る最大規模の降雨に伴う洪水により境水道・中海が氾濫した場合の浸水状況をシミュレーションにより予測したものです。
 なお、このシミュレーションの実施にあたっては、支川の(決壊による)氾濫、シミュレーションの前提となる降雨を超える規模の降雨による氾濫、高潮及び内水による氾濫等を考慮していません。

 ※この浸水想定区域図は、平成28年度に指定されたもの(令和2年度一部修正)であり、渡漁港の護岸整備等が反映される以前の地図を利用しています。


指定緊急避難場所

 地震等の災害が発生し、または発生する恐れがある場合、危険から緊急に逃れるための避難場所です。 地震や津波など、災害の種別ごとに、公民館や学校、公園などを指定しています。

 
 ※地区にこだわらず、近くの場所に避難してください。

 境地区[pdf:242KB]
 
上道地区[pdf:37KB]
 
余子地区[pdf:48KB]
 
誠道地区[pdf:37KB]
 
中浜地区[pdf:44KB]
 
渡・外江地区[pdf:44KB]


  ※指定緊急避難場所(津波)


問い合わせ先

自治防災課危機管理室
 47-1071