トップページ > 各課からのお知らせ > 福祉保健部 > 健康推進課 > 新型コロナウイルス関連について > 市長メッセージ(1月7日緊急事態宣言の発出を受けて)

市長メッセージ(1月7日緊急事態宣言の発出を受けて)

市長メッセージ(1月7日緊急事態宣言の発出を受けて)

 国は1月8日から2月7日までの間、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に対して、「不要不急の外出、特に夜8時以降の外出自粛の徹底」、「飲食店等に対する営業時間短縮の要請」を主な内容とする「緊急事態宣言」を発令いたしました。
 また、大阪府、京都府、兵庫県においても国に対して「緊急事態宣言」の発令を要請します。
鳥取県においても1月5日には過去最大となる1日に13人の陽性者が確認されるなど、感染拡大の傾向にありますので、引き続き感染拡大防止に向けたご協力をお願いいたします。
 
◆県外との往来や外出について◆
〇1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)との不要不急の往来は控えましょう。
〇大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、広島県をはじめとした「感染流行警戒地域」との往来は慎重にご判断ください。
〇少しでも体調が悪ければ出歩かないことを心がけましょう。

◆会食や基本的な感染予防対策について◆
〇会食は、普段から一緒にいる人との少人数、短時間で、できるだけマスクを着用しましょう。
〇家族の間であってもマスク着用の励行、食事の際の会話を控えるなど特に慎重な行動をしましょう。
〇新年会、同窓会をはじめ、普段顔を合わせない人との会食は、中止や延期を慎重に検討しましょう。
〇歌を歌ったり、大声を出したり、換気が不十分な場所での飲食により感染が拡大しましたので特にご注意ください。
〇三密(密閉、密集、密接)はクラスターにも直結します。人と人との感染防止距離(概ね2m)を保ちましょう。
〇こまめな手洗い・換気、手指消毒を徹底しましょう。


◆令和2年12月25日に接待を伴う飲食店において発生したクラスターについて◆
 令和2年12月25日に市内1例目のクラスターが、令和3年1月4日にはこれに連鎖した本市2例目となるクラスターが発生しました、
 この2つのクラスターに関連した450人以上の濃厚接触者等に対して、県はPCR検査を実施し、このうち39人の陽性者が確認されたところです。
 1月5日に市内クラスターに関連した3人の陽性が公表されて以降は、市内クラスター関連の陽性者の公表はありませんが、市中感染となることを防ぐために、引き続き、陽性者や濃厚接触者等の行動歴の調査を徹底的に行い、濃厚接触者等に幅広くPCR検査を実施するなど感染拡大防止に全力を挙げて取り組んでいます。
 市民の皆さんには、県や市から発信される公式な情報をもとに、冷静な行動をとっていただくとともに、感染者やその家族、店舗等へ誹謗中傷は絶対に行わないようお願いいたします。



令和3年1月8日

  境港市長 伊達 憲太郎