トップページ > 各課からのお知らせ > 福祉保健部 > 健康推進課 > 新型コロナウイルス関連について > 市長メッセージ(市の新型コロナウイルス感染症への対応について)

市長メッセージ(市の新型コロナウイルス感染症への対応について)

市長メッセージ(市の新型コロナウイルス感染症への対応について)

市長メッセージ

 境港市内の接待を伴う飲食店でのクラスター発生に関連した感染の連鎖が拡大していることから、今月28日に境港市に鳥取県版コロナ警報が発令されました。
 現在、市中感染という状況には至っておりませんが、境港市は鳥取県と連携し下記の取り組みを行い、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に全力を挙げています。

〇12月25日クラスターが発生
・12月20日から24日までの、この飲食店の全利用者22人を特定。
 利用者22人のうち、19人検査済み(陽性13人、陰性6人)
 今後検査予定3人。
・上記陽性者の濃厚接触者および接触者を特定し、幅広くPCR検査を実施中。

〇12月28日
「高齢者ふれあいの家」事業の1月末までの中止を決定。
 あわせて、公民館における高齢者を中心とした自主サークルの活動自粛を要請。

〇12月28日
 市内企業720社に境港商工会議所を通じて感染拡大防止に向けた注意喚起文を送付。

〇12月29日
 鳥取県が市内の飲食店等約150店舗を訪問し、感染拡大防止を要請。

〇ホームページによる周知
 12月25日のクラスターの発生以降、市民の皆さんや事業所へのメッセージ発信(7回、12月30日現在)

※市民の皆さんへ
・鳥取県や市から発信される公式な情報をもとに、冷静な行動をとっていただくようお願いいたします。感染者等への誹謗中傷は絶対に行わないでください。
・感染警戒レベルを引き上げ、感染予防に最大限の注意を払ってください。
・接触者として連絡を受けた場合、速やかに接触者等相談センターに連絡し、PCR検査を受けてください。また接触を心配される場合は、同センターに連絡し、相談してください。(電話0859-31-0029)年末年始も24時間対応です。
・会食や会合後は、5日間程度発熱が無いかなどの健康チェックをお願いします。
・飲食店は、感染予防対策を実施している鳥取県の認証事業所、協賛店を利用しましょう。
・新型コロナウイルスは、季節性インフルエンザウイルスに比べ、重症化率、死亡率ともに高く、しっかりと予防に努めてください。
 
 年末年始を迎え、初詣など混雑する場所を避け、県外への不要不急の往来や、大勢での会食や宴会も控えていただくなど、一人ひとりが「感染しない」、「感染させない」ための対策をなお一層徹底し、市民一丸となって感染防止に取り組んでいただくようお願いします。


●事業者の皆さんへ
 市内の接待を伴う飲食店でのクラスター発生以降、感染者の確認が相次いでいます。飲食店をはじめ、各事業者の皆さんには、注意レベルを格段にあげていただき、下記項目の徹底をお願いいたします。
・マスクの着用や換気等の感染拡大予防対策(鳥取県版ガイドライン最新版)を確実に実施してください。
・お客様には感染拡大予防対策のチラシを掲示して対策を呼びかけてください。
・十分な換気、席ごとのアクリル板等の効果的な設置、マスク着用、アルコール消毒液の設置等、業種別ガイドラインを確実に実施してください。
・換気扇を常時起動することや、窓の開放による換気(30分に1回以上等)等、換気対策を徹底してください。
・大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話等感染リスクが高まる場面を周知してください。

※新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」や、鳥取県新型コロナ対策パーソナルサポートを利用しましょう。下記を参照し登録してください。
 リンク:新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」
 リンク:鳥取県新型コロナ対策パーソナルサポート

 令和2年12月30日
 
  境港市長 伊達 憲太郎