トップページ > 各課からのお知らせ > 福祉保健部 > 健康推進課 > 新型コロナウイルス関連について > 市長メッセージ(境港市への新型コロナ警報の発令について)

市長メッセージ(境港市への新型コロナ警報の発令について)

市長メッセージ(境港市への新型コロナ警報の発令について)

市長メッセージ

●市民の皆さんへ
 境港市内の接待を伴う飲食店でのクラスター(感染者集団)発生に関連した感染の連鎖が拡大していることから、境港市に鳥取県がコロナ警報(※1)を発令しました。
 
 「警報」の発令に伴い、市民の皆様もご自身の感染警戒レベルを引き上げ、少しでも体調が悪ければ出歩かないことや、マスクの着用・手指消毒、こまめな換気、三つの密(密閉、密集、密接)を避けるなど改めて感染予防に最大限の注意を払っていただきますようお願いします。
 特に、年末年始を迎え、初詣など混雑する場所を避け、県外への不要不急の往来や、大勢での会食や宴会も控えていただくなど、一人ひとりが「感染しない」、「感染させない」ための対策をなお一層徹底し、市民一丸となって感染防止に取り組んでいただくようお願いします。

 コロナ禍の中、「高齢者ふれあいの家事業」につきましては、新しい生活様式に沿った感染症予防の徹底のうえ取り組んでいただいているところですが、市内におけるクラスターの発生や年末年始の帰省に伴う人の往来など、感染拡大のリスクが一段とたかまる状況にあることから、令和3年1月末まで、「高齢者ふれあいの家事業」を中止とさせていただくことといたしました。
 公民館における高齢者を中心とした自主サークルにつきましても、この間の活動自粛をお願いいたします。
 市民の皆様には大変ご心配とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 感染接触者の特定等により、感染拡大防止につとめているところですが、市民の皆さんにおかれては、ご心配やご不安を抱えておられることと思います。
 新型コロナウイルスは、誰でもかかり得る病気です。私たちが戦う相手は、新型コロナウイルスという病気であって、人間ではありません。
 誹謗中傷などの流布により、検査を必要とする方が相談できなくなるような事態は、絶対に避けなければなりません。患者、医療従事者その家族、店舗などを温かく見守っていくことが大切です。
 市民の皆さんには、鳥取県や市から発信される公式な情報をもとに、冷静な行動をとっていただくようお願いいたします。


●事業者の皆さんへ
 事業者の皆さんにおかれては、日ごろより新型コロナウイルス感染症対策に取り組んでいただいているところですが、このたびの鳥取県が発令したコロナ警報を受け、大変なご心配をされていると思います。
 新型コロナウイルス感染症の感染経路は多様化し、どういう場所で感染してもおかしくない状況ですが、特に飲食店はマスクを外す機会が多く感染リスクが高いとされていることから、「感染しない」、「感染させない」感染予防対策に最大限の注意を払っていただきますようお願いいたします。

 令和2年12月28日
 
  境港市長 伊達 憲太郎



(※1)鳥取県版コロナ警報
 クラスター発生など特定の市町村で感染拡大が懸念される場合、新規陽性患者数や確保病床の稼働率の指標により鳥取県が発令するも。レベルは低い順に「注意報」「警報」「特別警報」