トップページ > 各課からのお知らせ > 市民生活部 > 環境衛生課 > 環境全般に関すること > レジ袋有料化がスタートしました

レジ袋有料化がスタートしました

 プラスチックは、非常に便利な素材です。成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。しかし一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ、地球温暖化などが近年課題になっています。そのため、私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。

 このような状況を踏まえ、令和2年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋、いわゆるレジ袋の有料化を行うこととなりました。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

 皆さんも、レジ袋有料化をきっかけに自身のライフスタイルを見つめ直し、エコバッグを持ち歩く等、自分にできるところからプラスチックを賢く使う工夫をしてみましょう。

〇プラスチックごみ削減のためにすぐ始められること

 1.買い物はマイバッグを持参し、レジ袋は断りましょう。
 2.飲み物などはリユース(何度でも使える)できるマイボトルなどを持参しましょう。
 3.天然の生地や繊維の衣服などを選びましょう。(合成プラスチック繊維の服の量を減らす)
 4.可能な限り、プラスチックを使わない包装・商品を選びましょう。
 5.ポイ捨てはやめましょう。

 その他にも身近で始められることはたくさんあると思います。できることから始めていきましょう!


ノーレジ袋デーの取り組みについて

 鳥取県では、平成20年から境港市も含め、県内で一斉に毎月10日を「ノーレジ袋デー」として取り組んでいます。
 マイバッグの持参やレジ袋削減の普及啓発を行っています。


「毎月10日はノーレジ袋デーです!」


問い合わせ先

〇事業所向け              〇消費者向け
 0570-080180           0570-000930

※受付時間 : 月~金 9:00~18:15(土・日・祝日を除く)
※市役所ではなく、「プラスチック製買物袋の有料化に関する相談窓口」につながります。