災害時における新型コロナウイルス感染症対策

 災害時に開設する避難所では、「3つの密(密閉・密集・密接)」が重なりやすく、新型コロナウイルスの感染リスクが高くなると考えられます。
 本市では、新型コロナウイルス感染症対策として、避難所の開設数を増やすとともに、密集・密接を避けるためのスペースの確保、換気や衛生対策の徹底などに努めます。
 市民の皆様におかれましても、災害時にどうすればよいのか「新型コロナウイルスの感染リスク」も踏まえ、日ごろからの備えと災害時の避難行動を改めて確認してください。

普段からの備えと確認

・ハザードマップや自宅での備蓄品等を確認する
・自宅で安全を確保できる場合は、在宅避難を基本とした避難行動をする
・避難所に行くだけが、避難ではありません。親戚や友人宅など避難所以外に避難できる場所の確認【分散避難】をする
・自分や家族の避難のタイミング(マイ・タイムライン)を確認しておく

避難所でのコロナウイルス感染症対策

・避難の際にはマスクなどの感染防止対策をおこない避難してください
・発熱・咳などの症状がある方は、申し出てください
・基礎疾患をお持ちの方など、体調に不安がある方は、相談してください
・避難所ではこまめな手洗い、咳エチケットなど、基本的な感染対策をおこなってください
・ほかの避難者との距離を十分にとるようにしてください
新型コロナウイルス感染症が収束しない中における災害時の避難について チラシ[pdf:328KB]

問合せ先

自治防災課危機管理室 47-1071