トップページ > 各課からのお知らせ > 建設部 > 建築営繕課 > 建築指導係 > ブロック塀等の安全点検をお願いします

ブロック塀等の安全点検をお願いします

6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震において、ブロック塀の倒壊により尊い人命が犠牲となりました。
ブロック塀は老朽化の具合や基準を満たさない施工方法によっては、地震の際に倒壊する可能性があり、倒壊により事故が生じた場合は、ブロック塀所有者が責任を問われることがあります。
まずは下記のチェックポイントを参考に、ブロック塀等の自己点検をお願いします。

※現在ブロック塀撤去に係る助成について検討中です。

ブロック塀の点検のチェックポイント

ブロック塀について、以下の項目を点検し、ひとつでも不適合があれば危険なので改善しましょう。
まず外観で1~5をチェックし、ひとつでも不適合がある場合や 分からないことがあれば、専門家に相談しましょう。
点検項目 点検内容
1.塀は高すぎないか ・塀の高さは地盤から2.2m以下か。
2.塀の厚さは十分か ・塀の厚さは10cm以上か。
 (塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)
3.控え壁はあるか
(塀の高さが1.2m超の場合)
・塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか。
4.基礎があるか ・コンクリートの基礎があるか。
5.塀は健全か ・塀に傾き、ひび割れはないか。
≪専門家に相談しましょう≫
6.塀に鉄筋は入っているか
・塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも80cm間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。
・基礎の根入れ深さは30cm以上か。 (塀の高さが1.2m超の場合)



<組積造(れんが造、石造、鉄筋のないブロック塀)の塀の場合>
  1.塀の高さは地盤から1.2m以下か。
  2.塀の厚さは十分か。
  3.塀の長さ4m以下ごとに、塀の厚さの1.5倍以上突出した控え壁があるか。
  4.基礎があるか。  
  5.塀に傾き、ひび割れはないか。
≪専門家に相談しましょう≫
  6.基礎の根入れ深さは20cm以上か。

<参考リンク>
あんしんなブロック塀をめざして(日本建築学会のページに移動します)
http://news-sv.aij.or.jp/zairyou/s2/

問合せ先

<相談窓口>※撤去・改修工事以外の相談
市役所 建築営繕課 建築指導係
電話 0859-47-1062
FAX 0859-47-1086


<ブロック塀の撤去・改修工事の相談>
境港市建設業協議会
電話 0859-42-2645 (平日 10:00~15:00)


<ブロック塀の診断>
ブロック塀の診断(詳細な調査に基づく安全性の確認)をご希望の場合は、下記のブロック塀診断士にご相談ください。(有料)
なお、ブロック塀の診断は規模によって金額が異なる可能性があります。