トップページ > 各課からのお知らせ > 福祉保健部 > 福祉課 > 玉栄丸慰霊碑献花式について

玉栄丸慰霊碑献花式について

 昭和20年4月23日に起こった旧日本陸軍徴用船「玉栄丸」の爆発事故から今年で73年に
なります。

 この悲惨な事故の忌まわしい記憶を風化させないため、犠牲者の霊を慰める献花式をとり行い
ますのでお知らせします。


         

日 時 平成30年4月23日(月)午前7時40分
                    (式典時間:約5分)
場 所 境港市大正町 玉栄丸慰霊碑前 

次  第 1 開 式
     2 黙 祷
     3 市長献花
     4 市長あいさつ
     5 閉 式

玉栄丸爆発事故
  昭和20年4月23日午前7時40分、大正町岸壁において、日本陸軍徴用船「玉栄丸」が
火薬類の荷揚げ作業中に突如、大爆発を起こした。

  死者120名、重軽傷者309名、全壊・全焼家屋431戸、罹災人口1,790人にのぼる
大惨事となった。

  昭和40年、大正町(現在のしおさい会館前)に玉栄丸慰霊碑「永久に安らかに」が建立さ
れ、平成7年4月に現在地に移転し、50周年追悼式が行われた。

  平成8年からは、毎年、同日、同時刻に地域の方のご参列のもと、献花式を行い、痛恨の
事故と平和の尊さを現代の世代に伝えている。

    


問い合わせ先
  福祉課  47-1044