トップページ > 各課からのお知らせ > 福祉保健部 > 長寿社会課 > 介護予防・日常生活支援総合事業 > 介護予防・日常生活支援総合事業について

介護予防・日常生活支援総合事業について

 境港市では、平成28年4月から介護予防・日常生活支援総合事業(以下、「総合事業」)を実施しています。

概要

 総合事業とは、これまで全国一律の基準に基づいて実施されていた、「介護予防訪問介護」と「介護予防通所介護」を市町村の事業に移行するものです。これにより、市独自の基準で地域の高齢者の方々を対象に、その方の状態や必要性に合わせた様々なサービスを提供します。
 なお、上記以外のサービス(福祉用具貸与など)は引き続き介護予防給付として継続し、総合事業と介護予防給付は組み合わせて利用することも可能です。

総合事業の種類

 総合事業は「一般介護予防事業」と「介護予防・生活支援サービス事業」に分けられます。一般介護予防事業は65歳以上の主に自立した生活が送れる方が対象であり、介護予防・生活支援サービス事業は要支援認定者又は基本チェックリスト(※)により生活機能の低下がみられた方が対象になります。

※基本チェックリストとは、要介護認定者を除いた65歳以上の方を対象に、日常生活の様子を確認することを内容とした25の質問項目をいいます。

問い合わせ先

〒684-8501
境港市上道町3000番地
長寿社会課 高齢者福祉係
電話:47-1039 / FAX:44-2120