トップページ > 市長の部屋 > 記者会見録 > 平成22年 > 平成22年10月定例記者会見

平成22年10月定例記者会見

市長会見要旨

 本日の報告事項は2件あります。
1件目は、「境港市観光振興プラン」の策定についてです。
今年の水木しげるロードの観光入込客数は過去最高を記録しています。250万人を突破し、300万人を超える見込みとなっています。さらなる観光振興を目指すため、境港市観光振興プランを策定します。まず、市役所庁内8名でプロジェクトチームを立ち上げ、基本構想(たたき台)を策定します。その後、関係者(水木ロード振興会、観光協会、ボランティア等)による検討委員会(3回程度)を開催し、本年度中に完成させる予定です。
2件目は、「ゲゲゲの女房」スペシャルトークショーの開催についてです。
 連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の大ヒットを受け、「ゲゲゲの女房」スペシャルトークショーを11月23日(火・祝)に市民会館ホールで開催します。村井修平役の風間杜夫さん、脚本家の山本むつみさん、演出監督の渡邊良雄さんをお招きし、ドラマの裏話などを語ってもらう予定です。入場料は無料で、往復はがきで申込みしていただき、約1,000名の規模で開催する予定です。11月15日が申込締切となっております。みなさまにも広報をお願いします。

観光振興プラン[pdf:53KB]

ゲゲゲの女房スペシャルトークショー[pdf:83KB]

ゲゲゲの女房スペシャルトークショー(添付資料)[pdf:73KB]

質疑応答

【記者】 トークショーの開催の経緯は?
【市長】 ドラマ熱が下がらないうちにもうひと盛り上がりを図りたいという境港市・安来市の要望に応えてもらったということです。安来市は今週トークショーを開催します。
【記者】 申込多数の場合は、抽選か?または市民優先か?
【貿易観光課長】 NHKと共催しており、抽選となります。市で抽選を行います。
【記者】 プロジェクトチームは何級の職員なのか?
【市長】 若手職員です。管理職は入っていません。
【貿易観光課長】 26~39歳の8課から8名です。
【記者】 観光振興プランの策定は今まであったか?
【貿易観光課長】 市が策定したものは、ありません。
【市長】 プロジェクトの議論では、予算のことは考えず、夢のある、奇抜な意見がでてくるとありがたい。
【記者】 ハード面も含めてか?
【市長】 はいそうです。
【記者】 今年が観光客のピークではないか?
【市長】 過去最高は一昨年の172万人で、今年はその2倍に迫る入込客数です。確かに今年は平常の姿ではないが、年間172万人の入込客数を切らないよう、どのように観光振興していくか考えていきたい。水木しげるロードのハード・ソフト面の発展策、海の幸・自然とのコラボレーション、伯州綿を利用した浜がすりの作成を考えているが、そのようなことを含めてトータル的に考えていく。
【記者】 検討委員会はロード振興会や観光協会のほかは?
【貿易観光課長】 全国的な視点で物事を考えることができ、観光に精通した人に入っていただきたいと考えています。
【市長】 まずはたたき台をつくる。遠い将来を見据えた議論をしていただきたい。