トップページ > 市長の部屋 > 記者会見録 > 平成21年 > 平成21年5月定例記者会見

平成21年5月定例記者会見

市長説明

 水木しげる記念館は、毎週火曜日を定休日としていましたが、9月1日から定休日を廃止し、年中無休にします。これにより、4,725人の来館者増を見込んでいます。年中無休に対応するために、職員を2名増やして11名にします。スタッフを増やすことで経費も増えますが、水木しげるロードを訪れる皆さんに入館していただけるよう年中無休を実施することにしました。

水木しげる記念館年中無休事業[pdf:89KB]

質疑応答

【記 者】このタイミングで年中無休にしたのはなぜか。
【市 長】以前から検討していたが、メンテナンスをする時間を確保するのが難しかったが、夜にメンテナンス行えるようになりました。また、休館日に訪れる観光客がいることも聞いており、そういった人も入館できるように年中無休を実施することにしました。
【記 者】経費はどのくらい増えるのか。
【市 長】100万から120万円程度増える見込みですが、記念館の運営は黒字ですので、観光振興のためにも実施することにしました。
【記 者】定休日変更の周知はどうするか。
【貿易観光課】チラシ・ポスター・ホームページを活用して広報します。旅行会社にも案内します。
【記 者】緊急雇用対策で職員を増やすのか。
【市 長】緊急雇用創出事業により雇用します
【記 者】県内に年中無休の施設はあるか。
【市 長】青山剛昌ふるさと館、花回廊も実施しています。
【記 者】水木しげるさんの書き下ろし紙芝居はどうなっているか。
【水木しげる記念館】原画と原作は届いています。新作の発表は観光協会からあります。
【記 者】DBSクルーズフェリー社の船の就航日が決定していないが市からなにか要望をしているか。
【市 長】先日、DBSクルーズフェリー社の専務に会ったときに、就航日や料金体系が決まっていないとPRや貨物のとりまとめができないので、早く決定してくれるように伝えました。改装に日にちを要しているが、韓国側の就航期限が6月末になっているので、それまでに就航するということしかまだわかっていません。
【記 者】就航したら市長も乗船するか。
【市 長】6月は議会があるので、就航がいつになるかによります。ぜひ、乗りたいと思っています。
【記 者】料金設定についてどう思っているか。
【市 長】韓国までは低価格なもので7,900円となっているので、大変割安感があると思います。ロシアまでも42,000円程度と大変安くなっており、極東地方は学生が多く、この価格帯なら利用できると聞いています。