住民票コードとは

住民票コードについての簡単な説明です。

 国民一人ひとりの住民票に新たに記載される、11桁のコード番号のことを住民票コードと呼んでいます。住民基本台帳ネットワークシステムのスタートにあたり、コンピュータがデータを管理する目印として、全国いっせいに全ての国民の住民票に自動的に記載されました。また、お子さんが生まれたときは、新たに番号が記載されます。
 データ管理用の不規則な数字の列ですから、コードから住所や生年月日などを推測することはできません。また、同じご家族でもまったく関連のない数字の列になります。
 住所や氏名の変更があっても、このコードは変わりませんが、本人の希望により別の新しい住民票コードに変更することができます。
 郵送した住民票コードの通知は、本人確認情報のひとつとして管理していただきますようお願いします。
 住民票コードを民間が使用することは、法律で禁止されていますので、コード入りの住民票を求められたり、コードを聞かれても答える必要はありません。