住民基本台帳ネットワークシステム

住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)についての情報です。

 急速にIT(インフォメーション・テクノロジーの略。情報通信技術)社会が進むなかで、住民サービス向上と、行政事務の簡素化・効率化をするため、全国の市区町村の住民基本台帳をネットワークで結ぶ準備がすすめられてきました。
 この住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)の一部が平成14年8月5日に稼動し、氏名や生年月日の情報を本人確認に利用することで一部の手続きで住民票の写しを添付しなくてすむようになりました。
 この住民基本台帳ネットワークシステムの概要、そして、ネットワーク化で何がどのように変わるかを紹介します。
 

住民基本台帳ネットワークのサービスの案内

平成15年8月25日から
住民基本台帳ネットワークシステムの新しい3つのサービスがスタートしました。

【様式A】
【様式A】
《新しく始まるサービス》
 
(1)住民基本台帳カード(住基カード)の交付
・本人の希望(住基カード交付申請書の申請)により、お一人に1枚、手数料500円で発行します。
・カードには、氏名のみが印字された【様式A】と、写真と氏名、生年月日、性別、住所が印字された【様式B】の2種類があり、希望のカードを選択できます。
 なお、【様式B】のカードは公的な身分証明書としても利用できます。

【様式B】
【様式B】
・手続きについて
■本人が手続きするとき
 印鑑と、本人を確認できる運転免許証など官公署が発行した写真付きの身分証明書を持参すると、即日交付できます。
■代理人が手続きするとき
 本人が疾病などのときは代理人が手続きできますが、本人に照会文書を郵送するため交付までに日数がかかります。住基カード交付申請書に加えて、代理人の印鑑と代理人選任届の提出が必要です。
 ■顔写真その他
 【様式B】を申請するときは顔写真(縦45mm、横35mm:パスポート申請と同じ)が必要です。

(2)住民票の写しの広域交付
・全国どこの市町村でも、申請者本人または同一世帯員の住民票の写しの交付が受けられます。(戸籍の表示は省略されます。)
・境港市以外で交付を受ける際には、本人の住基カードか運転免許証などの写真付きの身分証明書が必要です。
・境港市の広域交付手数料は、一通300円です。境港市以外の市区町村の手数料は各市区町村役場にお問い合わせください。
 
(3)転入転出手続きの特例
・住基カードの交付を受けている人に限り、転入転出手続きをする場合に、住んでいる市区町村へ転出届(特例転出)を郵送しておけば、引越し先の市区町村には住基カードと転入届を提出することで転入手続きができます。
ただし、国民健康保険や介護保険、特別医療、児童手当、学校の手続き等は別に行う必要があります。
■転出をするとき
 引越しする前にこれまでの市区町村へ転出届を郵送しておいてください。
 
■転入をするとき
 引越し予定日から14日以内に、本人の住基カードを持って、これから住む市区町村役場の窓口に届出をしてください。転出証明書は不要になります。(暗証番号が必要です)