トップページ > 市長の部屋 > 市議会での表明 > 所信表明(平成16年9月9日)

所信表明(平成16年9月9日)

 平成16年9月定例市議会が開催されるにあたり、今後の市政運営についての所信の一端を申し上げ、議員各位並びに市民の皆様のご理解とご協力をお願いする次第でございます。
 平松謙治議員におかれましては、このたびの市議会議員選挙において、めでたくご当選されましたこと、心よりお喜び申し上げます。
 私も、議員並びに市民の皆様方のご支援とご理解を賜り、当選の栄に浴し、市政の重責を担わせていただくことになりました。
責務の重大さに身の引き締まる思いでありますが、選挙中に掲げた公約の実現と、境港市政の土台の再構築を目指し、懸命に取り組んでまいる所存であります。
 また、黒見前市長におかれましては、平成元年にご就任以来、環日本海の交流拠点づくり、市民が安心して暮らせるまちづくりに取り組まれるなど、本市の限りない発展と市民福祉の向上のために、力量をいかんなく発揮され、輝かしい業績をお挙げになりましたことは、深く敬意を表する次第でございます。
 私は、これまで単独存続に向けて行財政改革に取り組んできた者として、改革をさらに推進していくことが自らの責務であり、本市の将来に道筋をつけることが使命であると考えております。
 「公明正大な市政―市民と共に築く風格のあるまち」を理念とし、真に市民の立場・視点に立った公平公正な市政運営に徹してまいる考えであります。
 ここで、市政に臨むにあたっての私の基本的な考え方を申し上げます。


まず、市民参画の市政の推進についてであります

 私は、30年間、職員として市政に携わってまいりましたが、この度の選挙戦を通じて、多くの市民の皆様と接し、様々なご意見を頂戴し、外から役所を見つめ直す中で、改めて、市民の皆様との対話により、市民の声を反映した市政運営を行うことの重要性を痛感いたしたところであります。
まちづくりの原点は、「自分たちのまちは自分たちで創り上げていく」ことであると考えます。
市民参画による市政を推進していくためには、市民の皆様に行政をよく理解していただくことが前提となりますので、行政情報の積極的な公開と説明責任を果たす取り組みを、徹底して行う所存であります。
行政の分野ごとに市民による委員会を設置するほか、政策の企画立案段階からの市民参画、地域での定期的な意見交換会の実施など、まちづくりを共に考え、実践する仕組みを確立し、市民参画の気風あふれるまちを創り上げてまいります。
 また、これからのまちづくりには、地域に密着した公益活動を行う市民団体との協働が、重要な要素となってまいりますので、そのような各種団体の活動に対して、積極的に支援してまいりたいと考えております。


次に、自立可能な財政基盤の確立についてであります

 現在、地方を取り巻く環境は、回復の兆しが見えない地方景気、国が進める三位一体改革の影響などにより、自治体の存続さえも危ぶまれる大変厳しい状況となっております。
このように大きく変化する社会情勢の中で、地方自治体は、行財政の健全運営と改革に努め、多様化する市民ニーズを的確に把握しながら、これから進むべき方向を自らの判断で選択・決定し、様々な行政課題に取り組んでいかなければならない極めて重要な時期を迎えております。
単独存続を選択した現在、将来に向けて自立・存続していくためには、財政基盤の確立は避けて通れない喫緊の課題であります。
 これまで行ってきた行財政運営のあり方について検証と総括を行い、その結果を市民の皆様にお示しした上で、市民の皆様と共に考え、理解を得ながら、行財政改革に一丸となって取り組んでまいる覚悟であります。
 また、産業の活性化をはじめ、教育、福祉、環境対策等の充実に向け、時代の要請を踏まえた諸施策を講じていく考えですが、その中では特に、透明性を確保し市民から信頼される市政運営を推進するため、接遇態度を含めた職員の意識改革、経営感覚を取り入れた行政評価制度や外部監査制度を導入するほか、夕日ヶ丘の分譲については、定期借地権設定による賃貸方式の導入などを検討し、市民とともに英知を集め可能な限りの販売戦略を展開してまいります。
新たな事業の実施にあたりましても、緊急性、優先度を吟味しながら取り組むなど、自立可能な財政基盤を確立してまいりたいと考えております。
 本市は、重要港湾、特定第三種漁港、空港を有することが、他の都市にはない特性であります。私は、これらの基盤を本市だけではなく、圏域共通の財産として、周辺地域が共に活用し、共に発展していくことが必要であると認識しております。
  「環日本海」経済圏の中にあって、水に恵まれ、人々が高い快適性を有する環境のもとで、だれもが寄り集まる憩いの場として、交流の中心となる「オアシス」のような魅力ある都市の実現に向けて、全力で取り組んでまいる所存であります。
 以上、市政に臨む基本的な考え方を申し上げました。議員並びに市民各位の一層のご理解とお力添えを賜りますよう、重ねてお願い申し上げ、私の所信の表明といたします。