工場立地法の緑地制限等緩和に関する条例について

企業立地促進法に基づく工場立地法に規定する環境施設面積率の緩和について

企業立地促進法に基づき工場立地法に規定する環境施設面積率を緩和する条例を施行します。

条例名:「境港市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例」

施行日:平成21年4月1日

緑地の設置義務とは?

工場立地法は、「敷地面積9,000平米以上又は建築面積3,000平米以上の工場は、工場敷地面積の一定割合(25%以上) を緑地及び環境施設で占めること」と定めています。

「緑地」には、以下のものが該当します。
1 樹木が生育する区画された土地又は建築物屋上等緑化施設であって、工場又は事業場の周辺の地域の生活環境の保持に寄与するもの
2 低木又は芝その他の被植物で表面が被われている土地又は建築物屋上等緑化施設

「環境施設」には以下のものが該当します。
1 噴水、水流、池その他の修景施設
2 屋外運動場
3 広場
4 屋内運動施設
5 教養文化施設
6 雨水浸透施設
7 太陽光発電施設(建築物等施設の屋上その他の屋外に設置されるものを含む。)

環境施設面積率の緩和

市町村が環境施設面積率を緩和するにあたっては、工場用地の周辺状況を勘案し、 国の通達により一定の目安が示されています。
工場が、住宅等との混在する可能性が低い地域については、環境施設面積率を大幅に緩和する一方、住宅等と隣接する地域については、環境施設面積率の緩和は一定限度しか認められていません。

【緑地及び環境施設面積の緩和】(国の通達による面積率)

・準工業地域に含まれる地区           環境施設面積率 20%以上(うち緑地15%以上)
・工業地域、工業専用地域に含まれる地区     環境施設面積率 15%以上(うち緑地10%以上)
・工業専用地域で住宅や利便施設が全く無い地区  環境施設面積率  1%以上(うち緑地 1%以上)

境港市の条例

境港市では、工業団地として整備された下記の地区で環境施設面積率の緩和を行います。

◎外江町・渡町の一部  工業地域・工業専用地域   環境施設面積率 20%以上(うち緑地15%以上)
◎夕日ヶ丘一丁目の一部 工業地域・準工業地域    環境施設面積率 20%以上(うち緑地15%以上)
◎竹内団地       工業地域・工業専用地域   環境施設面積率 15%以上(うち緑地10%以上) 
◎昭和町・潮見町    工業専用地域        環境施設面積率 10%以上(うち緑地 5%以上)
◎西工業団地      工業専用地域        環境施設面積率 10%以上(うち緑地 5%以上)

竹内工業団地に工場等を設置する場合の特例

工場立地法における工業団地の特例に基づき、工業団地の共通施設として適切に配置された緑地等がある場合は、各工場等の敷地面積に応じて比例配分し、各工場の敷地面積、緑地面積及び環境施設面積に加算することができます。
この特例により、竹内工業団地に立地される企業は、工場立地法に基づく環境施設面積率の適用が除外され、敷地内に緑地及び環境施設を設置する必要がありません。

各地区の説明(外江町・渡町の一部)

外江町・渡町の一部
地区:外江町・渡町のうち西工業団地に隣接する地区

用途地域:工業地域 工業専用地域

環境施設面積率:20%以上(うち緑地15%以上)

各地区の説明(夕日ヶ丘一丁目の一部)

夕日ヶ丘
地区:夕日ヶ丘一丁目のうち工場用地

用途地域:工業地域 工業専用地域

環境施設面積率:20%以上(うち緑地15%以上)

各地区の説明(竹内団地)

竹内団地
地区:竹内団地

用途地域:工業地域 工業専用地域

環境施設面積率:15%以上(うち緑地10%以上)

各地区の説明(昭和町・潮見町)

昭和町・潮見町
地区:昭和町・潮見町

用途地域:工業専用地域

環境施設面積率:10%以上(うち緑地5%以上)

各地区の説明(西工業団地)

西工業団地
地区:西工業団地

用途地域:工業専用地域

環境施設面積率:10%以上(うち緑地5%以上)