トップページ > 市長の部屋 > 記者会見録 > 平成24年 > 平成24年8月定例記者会見

平成24年8月定例記者会見

市長会見要旨

 本日の報告事項は、「砕氷艦(南極観測船)「しらせ」境港入港歓迎事業」についてです。
 砕氷艦(南極観測船)「しらせ」が入港し、9月14日(金)の10時30分から昭和南2号岸壁で歓迎式典を行います。一般公開は、15日(土)、16日(日)の午前が9時から12時、午後が1時から3時です。竹内団地に集まっていただき、そこから2号岸壁へシャトルバスで移動します。1日3千人から5千人程度の来場を見込んでいます。見学時間は概ね1時間。事前申し込みは必要ありません。17日(月)に出港します。
 「しらせ」は境港の寄港が3回目です。滅多にない機会ですので、南極観測船を広く知っていただきたいと思います。

砕氷艦「しらせ」境港入港[pdf:163KB]

質疑応答

【記者】2代目は初めての寄港か?

【自治防災課長】2代目の「しらせ」は初めてです。

【記者】境港市が誘致したのか?

【自治防災課長】昨年8月に米子の地域協力事務所の所長から「しらせ」入港の受け入れができないかと依頼がありました。市長に相談し、入港受け入れが決まりました。

【記者】訓練の実施に合わせてとのことだが、訓練の間の休憩のためか?

【市長】休憩もありますが、全国を回っており、南極観測の意義だとかをPRする意味合いが一番だと思います。

【記者】写真提供してほしいが?

【自治防災課長】可能です。

【記者】一般見学は自由に見るのか?デモンストレーションががあるのか?

【自治防災課長】デモンストレーションは無いが、見学コースが定められています。

【記者】艦内の目玉は?南極の氷とか?

【自治防災課長】氷を見せていただけます。

【記者】船外に出ての交流は?

【自治防災課長】艦内の方を20名程度、市が主催の歓迎レセプションに招待します。水木しげる記念館などをマイクロバスで案内し、見学してもらうことを考えています。

【記者】それは乗組員対象で、市民との交流はこれ以外に無いか?

【自治防災課長】そうです。

【記者】3回目の寄港ということだが、過去の実績でどれくらい来られたか?

【自治防災課長】過去の実績の数字はつかめていません。

【市長】一般公開は9月市報とホームページでお知らせしたいと思います。

【自治防災課長】色々な機関にチラシを配りたいと思います。
【記者】観測隊員はいるのか?

【自治防災課長】乗組員だけです。

【記者】10月の防災訓練の概要は?

【自治防災課長】細かい点でまだ詰まっていないところがあります。概ね水木しげるロードと上道地区で津波の避難訓練を行います。その後に消防、自衛隊、警察などが夢みなとタワーの駐車場で、救助・救難訓練を行う予定です。

【記者】9月市議会で補正の目玉は?

【市長】査定もまだですので、もう少しお待ちください。

【記者】コットンサミットの概要は?市長の意気込みを。

【市長】2回目の全国コットンサミットです。準備を一生懸命取り組んでいます。和綿に関わる全ての皆さんに案内して集まっていただき、和綿の普及について、課題などを大いに議論して、和綿の更なる飛躍のきっかけにしたい。全国で取り組みが起きています。課題を解決して大きなうねりになればと思います。

【記者】特別な行事はあるか?栽培見学とか。

【市長】見学があります。

【副市長】綿畑は全国の方に見てもらいたい。今年は成績が非常に良いです。一反木綿のついた缶バッチを制作体験できるコーナーを考えています。