トップページ > 各課からのお知らせ > 総務部 > 地域振興課 > 平成30年境港市の10大ニュースが決定しました

平成30年境港市の10大ニュースが決定しました

平成30年境港市の10大ニュースが決定しました。
各公民館や市民活動センター、市ホームページのアンケートなど、合計145票をもとに選考しました。
選考には多くの皆さんにご協力いただき、ありがとうございました。

境港(さかいこう)が「ポート・オブ・ザ・イヤー2017」受賞(1月)

公益社団法人日本港湾協会が全国の港湾から選定する最も元気のある港として、境港(さかいこう)が選ばれました。
竹内南地区のターミナル整備や、クルーズ客船の増加で、全国から注目が集まっています。

境港市議選 市制施行以来初の無投票(1月)

1月28日に告示された境港市議会議員一般選挙は、立候補の届出者が定数(16人)を超えなかったため無投票となり、新人1人を含む16人の当選が決まりました。

記録的な大雪・低温(2月)

境港市は大雪に見舞われ、市民生活に大きな混乱をもたらしました。
2月8日には、積雪が64cmを記録し、翌9日には、最低気温が-8.1度を記録。
明治16年の観測開始以降史上3番目の低温となりました。

水木しげる記念館 開館15周年(3月)

水木しげる記念館は、平成15年3月8日の水木しげる先生の誕生日に開館しました。
15周年記念セレモニーでは、先着千人に記念チケットが配られたほか、15周年を記念した横断幕が披露されました。

市民会館閉館、解体始まる

長きにわたり、市民の交流の場として利用されてきた市民会館が、閉館となりました。
最終週には、写真展で歴史を振り返り、閉館日にはミニコンサートで別れを惜しみました。

水木しげるロードリニューアルオープン(7月)

水木しげるロードが、リニューアルオープンしました。
魅力アップした妖怪ワールドには、連日たくさんの観光客が訪れており、入り込み客数はすでにリニューアル後162万人、夜間17万人、年間を通して250万人を突破しています。
またこの事業は、第13回まち交大賞創意工夫大賞を受賞するなど、高い評価を受けています。

竹内南地区貨客船ターミナル(境夢みなとターミナル)が着工(7月)

竹内南地区に、平成32年春完成予定の、旅客施設の建設工事が着工しました。
ターミナルの名称は、公募の結果「境夢みなとターミナル」に決定し、境港の新たな海の玄関口として完成が待たれます。

記録的な猛暑(8月)

全国的に、猛烈に暑い夏となりました。
境港市でも、8月22日に最高気温38.5度を記録し、明治16年の観測開始以来史上最高となりました。

大部由美さんが鳥取県のスポーツ功労章を受章(10月)

なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)コーチの大部由美さん(境港市教育委員会)が、鳥取県からスポーツ功労章を授与されました。
11月には、同チームの高倉麻子監督とともにサッカー教室を行うなど、世界で、境港で、活躍されています。

境漁港(さかいぎょこう)水揚げ金額3年連続200億円の大台を突破!

平成29年の境漁港の水揚げ金額が205億円余と全国第8位となりました。
これは、平成27年から3年連続での大台突破です。

境港市の10大ニュース[pdf:460KB]

問い合わせ先

地域振興課広報情報係
電話:0859-47-1010
FAX:0859-44-3001
メール:chiikishinkou@city.sakaiminato.lg.jp