トップページ > 各課からのお知らせ > 産業部 > 商工農政課 > 鳥インフルエンザに注意しましょう

鳥インフルエンザに注意しましょう

 鳥インフルエンザは、カモ類などの渡り鳥が運んでくると考えられています。現在渡り鳥が飛来する時期のため、鳥を飼育している人は次の点に注意しましょう。

○鳥の様子を毎日観察する
○野鳥との接触を避けるために
 ・放し飼いはやめ、鳥かごの中で飼う
 ・鳥小屋は防鳥ネットで覆う
○鳥小屋は清潔にし、こまめに清掃と消毒をする
○餌や飲み水は毎日新鮮なものを与え、野鳥が飛来する河川や池の水を与えないこと
○原因が分からないまま、次々と鳥が死んでしまうなどの異常が鳥に見られたら、連絡してください

※鳥インフルエンザは鶏卵や鶏肉を食べることで人が感染することはありません。
 したがって鶏肉・鶏卵は安全です。

野鳥との接し方について・死亡した野鳥を見つけたら

野鳥も様々な原因で死にます。

飼われている鳥と違って、エサが取れずに衰弱したり、環境の変化に耐えられずに死んでしまうこともあります。野鳥が死んだ場合には、鳥インフルエンザウイルスだけでなく、様々なウイルスや細菌、寄生虫が人に感染するのを防ぐことが必要です。

素手で触らないようにしましょう。

野鳥が死んでいるのを見つけた時は、こうしたウイルスや細菌、寄生虫に感染しないよう、死んだ鳥を素手で直接触れないようにしましょう。

野鳥が死んでいる場合はご連絡ください。

野鳥が死んでいる場合は、感染症や毒物が原因となって死んだ可能性がありますので、下記までご連絡ください。
相談内容 事務所名 電話番号
家畜について 西部家畜保健衛生所 0859-62-0140
野鳥、愛玩鳥について 西部総合事務所生活環境局 0859-31-9320
人の健康について 西部総合事務所福祉保健局 0859-31-9317
夜間、休日窓口 県庁防災当局 0857-26-8663

国内で鳥インフルエンザが発生したからといって、直ちに家庭等で飼育している鳥が感染するということはありません。清潔な状態で飼育し、ウイルスを運んでくる可能性がある野鳥が近くに来ないようにし、鳥の排泄物に触れた後には手洗いとうがいをしていただければ、心配する必要はありません。

飼育中の鳥を野山に放したり、処分するようなことはせず、冷静に対応くださいますようお願いいたします。

問い合わせ先

商工農政課 農業振興係
 電話 0859-47-1049